USTYLE LIFE STYLE GENERAL STORE

story

04SHEEPソイキャンドル

「暮らしの中に温度を感じるものづくり」をテーマに商品をつくりあげているアトリエSHEEPのソイキャンドルは天然素材だけを使用した手づくりキャンドル。

食卓で灯す炎をと考えられたもので、美味しい料理や食材に欠かせない要素である「匂い」を邪魔しない無臭タイプがメインとなっています。

ソイワックスと有機栽培の植物から抽出したエッシェンシャルオイルを使用し石油由来のパラフィンワックスは一切混入されていません。そのため“すす”が出にくく有害物質もほとんど発生することがありません。

さらにキャンドルの芯もコットン100%。丁寧に細い糸を編み込んで作られた糸は、ロウの吸い上げが一定でまっすぐなやわらかい炎を生み出してくれます。

ほんのりと感じる本物の植物の香りはまるで自然の中にいるような感覚を味わえます。大切な人との大切な食事の時間にこそ安心して使えるキャンドル。ボタニカルキャンドルはそんな「炎のある時間」を彩る特別なキャンドルなのです。

「ソイキャンドル」 By SHEEP 「ソイキャンドル」 By SHEEP

03M's system波動スピーカー

従来のスピーカーは、空間の左右に設置し、正三角形の頂点と言われる「リスニングポイント」で立体的な音を再現するのが一般的。

それに対し「波動スピーカー」は、円筒形のスピーカーひとつで空間全体を響かせることができるため、たとえば部屋のどこに居てもステレオ以上の立体感、臨場感あふれるサウンドを楽しむことができます。

演奏者が本来出したかった「音」を発し、聴く人の心と身体に響かせてくれる「波動スピーカー」。もはやスピーカーではなく「楽器」と言えるかもしれません。

または自分の感性と向き合う一人だけの時間に、波動スピーカーが奏でる「本物の音」に心を研ぎ澄まし、感動にふれる至福の時間を過ごしてみませんか?

「波動スピーカー」 By M's system

02Shotoku Glassうすはり

手にとると、ついつい光にかざしてその端正なフォルムとガラス特有の上質なきらめきを堪能したくなる・・・それが松徳硝子の「うすはり」シリーズ。

「はり」とは硝子という意味で、熟練したガラス職人の技で極限まで薄くしていることから「うすはり」と名付けられています。

グラスの縁はまさに極薄。手にした瞬間、その軽さに驚き、極薄ならではの繊細で上品な姿形に見とれます。

口あたりの良さには感動すらおぼえるはず。その繊細で心地いい飲み口と独特の感触にファンも多く、高級料亭やビールなどの広告でも数多く使用されています。

伝統と進化、そして幾人ものガラス職人の思いが積み重なって完成した「うすはり」。飲み物の味さえ変えてしまう秀逸なグラスは喉を潤す一杯をより特別なものにしてくれることでしょう。

「うすはり」 By Shotoku Glass 「うすはり」 By Shotoku Glass

01Kai KristiansenPaper Knife sofa

デンマークミッドセンチュリー家具の代表ともいえるカイ・クリスチャンセン。

実用的でスタンダードな美しさを持つ彼の有名な作品の一つが「ペーパーナイフチェア」で、アーム部分の緩やかに描かれたカーブがペーパーナイフに似ていることからその名がつきました。

デンマークでは長年のあいだ生産中止が続いており、ヴィンテージ品のみが出回っていただけでしたが、半世紀の時を超えて、徳島県の宮崎椅子製作所で正規復刻品の生産が実現することになりました。

基本的なデザイン設計はそのままに、改善すべき点は改善し、ヴィンテージ品とは違う宮崎椅子製作所ならではのペーパーナイフソファに生まれ変わっています。

もちろん、クリスチャンセン氏自らが訪れてその品質を認めた「本物」です。

「Paper Knife sofa」By Kai Kristiansen 「Paper Knife sofa」By Kai Kristiansen